FARM CANNINGとの出会い

FARM CANNINとの出会いは2016年3月のある日、知人のFBでの呼びかけに始まります。
湘南国際村の森と畑の学校で、畑でとれた野菜をその場で瓶詰めにする講習会が始まるので、その募集がありますよ、という内容でした。

もともとジャム作りを趣味で行っていたことや、また、未来食堂で家庭菜園から大量の野菜がきたらどうするの?という質問を投げかけられていたこともあり、募集をみて3秒くらいで、講習会参加を決めていました。

その内容は、参加者自らが畑を耕し、野菜を育てること、収穫された野菜をその場で瓶詰めにすること、毎月の野菜の宅配サービス、という1年を通して畑の営みに触れる機会が盛り込まれたもので、FARM CANNINGのスクール事業として2016年4月から取り組むものでした。

興味というのは、ものすごく重要で、たくさんの情報から、自分に必要な部分だけを頭にインプットする判断基準となります。まさに、この時も、興味のある「畑で瓶詰め」だけがインプットされ、自ら野菜栽培等々をやるのだと気がついたのが参加初日のことだったのですが(笑)、スクール参加は大英断だったと振り返ってみると気がつきます。

4月のある日曜日が参加初日でした。ここで、「ああ、参加は早まった判断かも」と感じたのも事実です。というのは、私以外の参加者は、小さなお子さんのいる家族連れやご夫婦での参加でした。
日曜日を畑で過ごす!って、そりゃそうだよな〜、家族の思い出作りだよなあ、と気がついたのが初日というのは、独身者の鈍感さ?ゆえでしょうか(笑)。
職場で名刺交換をすることはあっても、家族を交えた自己紹介や子どもも一緒に作業する、という機会に触れてこなかった私にとっては、大きな大きなショックでした。

その一日を一言で表現すると、すべてが予定通りに流れていかない・・・

これは、それまでの仕事の環境からすると、あり得ない状況に陥っていることになります。
予定通りに進めるために、準備をして、極力ミスがないように進める。
計画は動態的である、という仕事の師匠の言葉を頭でわかっているつもりでも、やはりリアルなこととして理解していなかったのだと、後からは租借できるようになりましたが、FARM CANNING初日の心を揺さぶられる感は相当なものでした。

この揺さぶられ感は、3ヶ月くらいは続きました。けれど次第に、参加者それぞれが自分の興味の分野に集中し始め、家族団らんの会から、家族それぞれが自分のペースでやりたいことをやる会に変わっていきました。
ママ達も子どもはパパに預けて瓶詰めをやりたいし、パパ達も日頃は十分でない子ども達との時間やアウトドアでのDIYを楽しみたい。
いろんな人とコミュニケーションをとることで、初日には見えなかったことが、少しずつ見えてきました。
そして私も初心であった「瓶詰めを学ぶ」ことに自分自身が集中し始め、野菜づくりは他の方に任せよう!と、畑づくりには顔も出さず。。。(畑作業をやってくれたみなさん、ごめんなさい!)
なぜかランチづくりの手伝いも始め(笑

FARM CANNINGのすごいところは、自分のやりたいことを自分のペースでできるところなんだ、とゆっくりと気がついていきました。
これは、私にとって、大きな価値観の変化でした。
かつて30代初めにドイツで暮らしたとき、いかにそれまで均質化された環境で生活してきたのか、と愕然としましたが、その時以来の心ふるえる時でした。
予定調和でノーミスというよりも、いかに現場で、その状況に合った判断と行動ができるのか、それが可能な経験と体力が求められる場がFARM CANNINGであるならば、それにどう取り組んでいけるのか。大きな興味が私の中にわいてきました。

2016年秋から始まったスクール2期では、ランチ担当のスタッフとして参加が始まりました。また、翌年からは瓶詰め販売にむけた製造スタッフとしての参加させていただき、日々変わる野菜達と向き合う時間を継続的に持たせてもらっています。
スーパーマーケットに並ぶ規格におさまった野菜とは違う、規格外野菜達は季節ごとに変わります。また、同じにんじんでも、産地や農家さんによって味が全く異なります。

状況が変わることを前提に、多様な価値を最終的にどうまとめていくのか?

FARM CANNINGを通して、私が取り組んでいくあらゆることの大きな大きなテーマとして見えてきたことです。

長い文章を読んでいただき、ありがとうございました。
みなさまにお会いできることを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA