ひので食堂、開店いたしました

2018年3月3日(土)に、ひので食堂は逗子、黒門カフェ渚小屋にてオープンいたしました。
開業にいたるまで、多くの方々の協力を頂戴し、あらためて御礼申しあげます。

ひので食堂は、週末の朝ご飯を提供する小さなお店です。
20席あまりの渚小屋からは、大きな大きな海を眺めることができます。
広い世界につながる海を見ながら、朝ご飯を食べる小さなお店。
そんなお店をつくるまでに考えたいろいろなことを、ぽつりぽつりとお話できればと思います。

地域にひっそりとある定食屋をやりたいと思ったのは、もう2年以上前になります。
横浜の住宅地にある実家の周りには、家庭菜園を楽しむ(どちらかといえば)高齢の家族がお住まいになっています。そういった家庭菜園のお野菜を「おすそ分け」という形でいただくことがとても多くなっています。
家庭菜園でできるお野菜は、形は不揃いでも、季節のうつろいの中に芽吹く力強さを感じることができます。
また、ご近所の方々が小さいながらも端正こめて畑を耕す喜びをおすそ分けいただいているようで、スーパーで買う野菜とはちょっと違う楽しみを味わうこともできます。

「こんなにたくさんのお野菜をおすそ分けできるのであれば、もっとたくさんの方に食べていただければいいのに。。。」
と、思いついたのが、ひので食堂のきっかけです。
(そこから飲食店未経験の店主が、どうやって開業に至ったかは、またの機会にお話させてください。)

そのため、ひので食堂では、家庭菜園のお野菜を500gにつき1ポイントとして引き取らせていただくシステムを導入しております。
このシステムにするまで、野菜を引き取らせていただくのに、買い取りにするかどうかも悩みました。
買い取りにする場合、それは家庭菜園の野菜を市場の商品として扱うことになり、それは必然的に「どっちが安い?」と「いくら?」と競争の原理で判断することになります。
それは、本来、店主がやりたいと感じたことから乖離していく可能性があると考え、ポイント制の導入にいたりました。
これが正解なのかは、まだ未知です。
まずは、やりながら考える!(笑

そうそう!お野菜を引き取らせていただくポイントカードもあります!

500gのお野菜で1ポイントです。8ポイントを集めていただくと、1食、無料でお食事いただけますよ!
すでに、8ポイントを集めて1食を食べていただいたお客さまもいらっしゃいます。
このお客さまの野菜をこれから、みなさまに食べていただくようになります。
どんなお野菜が、朝ご飯になるのか?
楽しみにしていただけると嬉しいです。

 

 

 

長い文章を読んでいただき、ありがとうございました。
みなさまにお会いできることを楽しみにしております。

店主

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA